重要なお知らせ:同窓会ホームページが表示されなくなる場合があります
  1. ホーム
  2. 同窓会からのお知らせ

同窓会からのお知らせ

大島商船同窓会本部からの情報をお知らせ致します。


酒迎会長(全船協会長,同窓会長)の寄稿

練習船実習生への食料支給の継続を要請します
 
帆船日本丸・海王丸をはじめ日本国の船員教育に必須である練習船の運航を一元的に管理運営する(独)海技教育機構は、国交省海事局の指導の下、平成31年度から練習船実習生から乗船中の食費を徴収することを関係者との協議を終えて実施の方針であることを(独)海技教育機構から直接説明を受けましたが、全日本船舶職員協会としては到底受け入れることは出来ません。食費徴収という唐突な政策方針に反対します。
 
平成19年4月に成立した「海洋基本法」の規定に基づき、平成20年に第一回海洋基本計画が策定され、その後5年毎に見直しが行われており、平成30年5月15日に第三回海洋基本計画が閣議決定されました。国交省海事局が発行する海事レポート2018には、海事人材の確保・育成の重要性について「四面環海の我が国おいて、外航海運は輸出入の99.6%、内航海運は国内貨物の約4割、産業基礎物資の約8割の輸送を担っており、海運業は我が国の経済、国民生活に大きな役割を果たしている」又、「国土交通省では、本章に記述する取組 を通じ、海運・造船・海洋開発の各分野について、海洋立国日本の要となる海事人材の確保・育成を強力に推進している」とも述べています。
 
平成20年以降、官民をあげて船員教育の振興、若年者の海への誘いを実施しています。船員教育・商船教育機関の現場は学生募集に地道な努力を傾注している毎日です。この様な官民の共通認識の中で船員教育・商船教育に必須である練習船実習生の食費徴収という政策変更は理解できないところであります。戦後長きに亘り一貫して実習生は船員法上は船員ではないが、船舶という陸上から隔離された特殊環境の中にある乗組員に準じ、みなし船員として食料は支給されてきた歴史があります。この政策変更は教育現場において、学生募集にも悪影響を及ぼすと憂慮される事態となっています。
 
全日本船舶職員協会は全国高等専門学校(商船学科)5校の卒業生及び船舶職員・海技者の参加する団体であり、船員教育・商船教育の振興を主たる目的とした一般社団法人であります。(独)海技教育機構(旧航海訓練所)の航海実習訓練のお蔭で一人前の船舶職員として今日があり、感謝しているところです。今後も船員教育は、国策として従来通り練習船乗船中の実習生への食料支給の継続を要請します。
 
一般社団法人全日本船舶職員協会 
会長 酒迎和成

| 2018.07.25 |




被災学生(2名)へのお見舞い金について


 
 この度の西日本豪雨災害において、ご自宅の方を被災なさった2名の学生・保護者に対し、お見舞い金を同窓会からお送りしました。学生君や、ご家族におかれましても、元の生活にもどれるよう腐心なさっていらっしゃることでしょう。お役に立てれば幸いいたします。
 
2年生A君

 

 
 
3年生B君

 

 
平成30年7月24日

| 2018.07.23 |




酒迎会長から全船協(全日本船舶職員協会)への入会のお願い

大島商船高専同窓会の皆様へ
全日本船舶職員協会への入会のお願い
 
拝啓
7月の西日本豪雨で被災された方々には衷心よりお見舞い申し上げます。

さて、私はこの度平成30年6月の全日本船舶職員協会の総会・理事会において代表理事会長に就任しました。どうぞよろしくお願い致します。

私が会長に立候補しましたのは、2年前に5校商船高専の商船学科の総定員を現行の200名から120名に削減する案に反対し、瀬戸際で削減案の撤回に持ち込めた事を契機に、5校同窓会長連絡会を立ち上げて、全船協の改革に関する協議を重ねて来ました。
昨年までの全船協の運営はこの十年間、赤字収支の連続であり、会の生命線である会員も千名を切る危機的な状況でした。この状態を打破すべく、5校同窓会長連絡会の推挙を頂いて会長に立候補した次第です。

全船協の存在意義が希薄となり、その結果会員も激減の一途を辿っているのは、正に全船協が会員に必要とされる活動を発信できていなかったからだと考えています。
今後は、全船協が積極的に、5校商船学科の存続を文科省、国交省、高専機構及び海運業界に訴えて参ります。5校商船学科による外航船舶職員の養成を継続すべきだと考えます。

喫緊の課題は、練習船に乗船中の実習生から食費を徴収する事案があります。
これは、海技教育機構(旧航海訓練所)が財務省の指示の下、海事局の指導を受けて、平成31年度から徴収実施すべく最終検討段階にあります。全船協は断固反対して参ります。

私は会長立候補に際し、無報酬ボランティアで会長職を遂行することを明言しました。
今回の新執行役員(会長、副会長、専務理事)は全員が役員報酬を返納し、赤字収支からの脱却を実現させる決意です。

ここで皆様にお願いがあります。
全船協の会員は減少の一途を辿り今や千名を切る危機的な状況にあります。会の運営は基本財産の運用収益、賃貸収益及び会費収入で運営されていますが、このままでは会の運営に支障を来たす局面となります。皆様におかれましては、どうか海洋立国を支える5校商船高専・商船学科の振興支援活動を行う全船協に力を貸して頂きたく、本会への入会を切にお願い申し上げる次第です。
 
敬具
大島商船高専同窓会会長 酒迎和成

| 2018.07.17 |




酒迎会長が全船協(全日本船舶職員協会)代表理事会長へ就任

 全船協は5商船系高専の同窓会長が理事として参加され、1969年に一般社団法人に再編された、各高専同窓会の上部全国組織です。学校・学生と海事クラスタ産業界を接着し、政府への働きかけなども担っていただいています。
 平成30年6月8日に行われた全船協理事会において、代表理事会長選挙が行われ、本校同窓会・酒迎和成会長が選出されました。今後は本校も切望しております練習船代船建造問題、次世代海事人材プロジェクトのステークフォルダーとして、5商船系高専の大きなバックアップをしていただけるものと期待しておるところです。

一般社団法人・全日本船舶職員協会のホームページはこちらから

| 2018.07.12 |




中国高専大会の大会引き受け部活への助成

同窓会の皆様へ
本部・事務局長 岩崎より

 夏の中国高専大会が7月7日,8日に行われました。
3競技(サッカー、柔道、卓球)が本校主幹で実施されました。この3競技については選手で試合に出場しながらも、試合運営も切り盛りしなくてはならず、学生も大変な苦労が予想されました。しかも、予算執行上、飲料、食事面には支出することに制約があります。
 入学時、同窓会への入会を求めておりますことから、これらの部活について3万円ほど使途を問わないとして、同窓会から助成をいたしました。ご報告いたします。

| 2018.07.11 |


1 2 3 4 5 6